そうだ。バイクで出かけよう!

【バイクのチェーン】1万3千km分の汚れを掃除。果たしてキレイになるのか!?

スポンサーリンク
バイク

バイクのチェーンって汚れますよね。

この記事ではチェーンを掃除をします。

きっかけは先日の記事、【25枚の写真で説明】バイクのリアホイール(タイヤ)外し方・取付け方で思ったこと。

よし
よし

チェーンが汚い・・・。

たまり溜まった汚れは1万3千km分!

(チェーン、スプロケット新品交換からの距離です。)

この記事では、1万3千kmの汚れがどんなものか、掃除の様子、はたしてキレイになったのか?が分かります。

記事を読むと掃除したくなりますよ。

※読み進めるにあたり免責事項をご一読ください。

【結果】けっこうキレイになった

掃除の結果、けっこうキレイになりました!

左が掃除前(1万3千km分の汚れ)、右が掃除あとです。

ちなみに、チェーンへの注油は500~1000kmごとにやってました。

よし
よし

そういえば、チェーンは金色入ってたんだ・・・。

使用したチェーンクリーナー

ワコーズのチェーンクリーナーを使いました。

チェーンにはシールチェーンとノンシールチェーンがあります。

シールチェーンは部品にゴムが使われてるので、クリーナーはゴムを痛めないシールチェーン用を選びましょう。

わからなけらば、リンクのクリーナーを選べば間違いないです。

シールチェーン用で安心のワコーズです。

シールチェーン用ですし、すぐには乾燥しないので、落ち着いて作業できるとこがいいです。

バイクのチェーン掃除の様子

あまりに汚れてたので、作業しやすいようにリアホイールを外してパレットのなかで掃除します。

普通はホイール着けたままでOKです。

今回は、汚れがひどいのでこのようにしました。

リアホイールの外し方は下の記事を参考にしてください。

では、順を追ってチェーン掃除の様子を紹介します。

ドライブスプロケットのカバーを外す

スプロケットとは、チェーンが噛んでる歯車のような物のことです。

ドライブスプロケットはエンジン側のことで、後輪側はドリブンスプロケットと呼ばれます。

ドライブスプロケットの周りも汚れているので、カバーを外して掃除します。

手順は次の通り。

▲ボルトをはずしてステップを取ります。

▲次にシフトペダルを外します。シフトペダルは位置が変えれるので、ライディングポジションを変えたくなければ写真のようにマーキングしておき、取り付け時の目印にしましょう。

▲ボルトをはずしてカバーを取ります。

▲カバーを取るとドライブスプロケットが見えます。マイナスドライバーなどで汚れを取ったところが右の写真です。

よし
よし

これだけでもかなりスッキリしました。

ドリブンスプロケットの掃除

ドリブンスプロケット(後輪側のスプロケット)を掃除します。

ホイールから外し、スプロケットだけの状態で掃除します。

▲ベアリングに洗浄液が入らないように、テープでふたをします。試しにパーツクリーナーで掃除すると、汚れは取れますが、パーツクリーナーはすぐ乾くため、消費量が多くなり不経済でした。

▲さらに試し。キャブクリーナーでやってみました。あわあわでGOOD。ただし、リアホイールを外さない場合、キャブクリーナーは×。チェーンクリーナー一択です。理由はスプロケットからチェーンへキャブクリーナーが垂れてシールチェーンのゴムを痛めるから。

あまり攻めすぎて、溶剤がベアリングに入ると後が厄介なので、スプロケットの掃除はほどほどで終了。

チェーンの掃除

いよいよチェーンの掃除です。

チェーンクリーナーをかけてブラシで磨く。

これをひたすら繰り返します。

ホイールを外すとチェーンをこのように曲げて掃除できるので、作業効率がいいです。

わたしは、ある程度キレイになってきたころでエアーを吹き付けて汚れを飛ばしました。

よし
よし

本音を言うと、コンプレッサーが欲しいですが、缶のエアーでも汚れを飛ばせました。

▲缶のエアーで汚れを飛ばしたところです。

あとはホイールやカバーを組み付ければ完成です。

チェーンの掃除終了

これで作業終了です。

よし
よし

我ながらキレイになりました!

チェーンのグリスアップ

チェーンの掃除が終わったら、グリスアップをしましょう。

わたしはMOTUL(モチュール)のチェーングリスを使ってます。

飛び散りが少ないので、ホイールを汚さずおすすめです。

まとめ

チェーンの汚れは、1万kmだろうがなんだろうが頑張ればキレイになります。

そしてキレイになると気分がいいです。

チェーンの汚れによる抵抗が減った分、もしかしたら燃費も良くなるかもです。

作業のポイントです。

  • チェーンクリーナーはシールチェーン用とノンシールチェーン用がある
  • わからなければシールチェーン用を選ぶ
  • ホイールを外して作業すると効率いい
  • ある程度キレイになったら、エアーで汚れを飛ばすと作業が早い

やってみると気分いいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました