そうだ。バイクで出かけよう!

【セルフガソリンスタンド】アルバイトはあり?なし?大変?~実際に働いてみた篇~

スポンサーリンク
【バイト】ガソリンスタンド 実際に働いてみた篇 副業

「そうだ。アルバイトをしよう。」

なんのアルバイトをしようかと考えたときにまず思いつくのは何でしょうか?そうですね。ガソリンスタンドでしたね(笑)

前回の求人検索&面接篇につづき、今回は実際に働いてみた篇ということで、セルフガソリンスタンドで働いたらこんな感じっていうのを書いていこうと思います。

わたしの勤務時間は9:00~18:00です。

24時間営業なのですが、9時までは深夜枠で9時から本格的な営業が開始されます。

注)さまざまなセルフガソリンスタンドがありますので、どこのスタンドも同じと思わずひとつの参考として読んでください。

導入研修

セルフガソリンスタンドのスタッフとして働くための注意事項や心構えの研修を初日におこなっていただきました。

資料をもちいて社員の方がレクチャーしてくれます。

覚えている範囲でこんな感じ

  • お金をネコババしてはいけません。店内は全部カメラに映ってます。
  • お客様にお叱りを受けたらまずは謝りましょう。
  • 携行缶への給油はスタッフが行います。
  • ガソリン⇔軽油 間違えて給油しているお客様がいないか注意してください。
  • 小さなお子様には給油作業をさせないようにしてください。(噴きこぼれが目に入るなどの事故防止のため)

まだまだありましたがこんな感じです。

時間にして30分弱くらいでしょうか?

設備紹介

ここで簡単にスタンドの設備を紹介

  • 給油機
  • 灯油機
  • ピット
  • 洗車機

一般的なセルフガソリンスタンドと変わりありません。

少し違うところと言えば、洗車機はセルフではなく、スタッフが操作して拭きあげ等まで行います。

開店準備

ここには、通常おこなっている開店準備がどのような感じかを書いていきます。

まず初めに、店舗内のごみ収集。

24時間営業なので夜間や早朝にお客さんが店内のごみ箱へ捨てていったゴミの収集を行います。とはいっても、ごみ箱は1つしか置いてないのですぐに終わります。

次に、奥にしまっておいたタイヤを表のお客さんが目につくところへ出します。台車に乗ったタイヤなので表へ出すといってもこれまたすぐに終わります。

あとはタオルで給油機を拭きあげれば開店準備完了。ちなみに給油機の拭きあげは、やれと言われてやっているものではなく、自主的にやってるものです。

開店準備はとくに慌ただしいこともなく淡々と、ボチボチとやって終了します。

あ、開店準備とかいってますけど、24時間営業なのでずっと開店してるやん。

営業中の業務

では、わたしのようなアルバイトスタッフは実際どんな感じの業務かを書いていきます。

セルフガソリンスタンドでバイトを考えているあなたの参考になるのではないでしょうか。

給油作業(通常作業)

給油作業はセルフガソリンスタンドなのでありません!といいたいところですが、実際は一部の常連のお客様や法人の方にはフルサービスで給油を行います。

また、救急車や消防車、警察車両などもお客様として来店されます。これらの方にも給油作業を行います。

フルサービスが必要なお客様によっては、端数を出さないように給油するなどすこし細かいルールもあり、覚えていかなければなりません。

その他、携行缶への給油も行います。これらの方は、住所・氏名・使用目的などをうかがわなければなりません。

上記のようなパターンは低頻度で多くは普通のセルフサービスのお客様です。

普段は下記のような感じです。

  • 給油にお困りのお客様がいないか目を配り、困っていれば操作のお手伝いをする
  • イベントなどのビラ配り
  • 来店した車やバックする車の誘導
  • タイヤの空気圧調整(頼まれて行うこともあれば、自ら声かけしておこなうこともある)
  • ティッシュなどの引換券をもったお客様の対応
  • ゴミ捨て

特別むずかしいことはありません。また法人・常連・警察車両などすこし特殊なパターンは先輩アルバイトスタッフや社員のかたが対応してくれるので安心です。

スタンドの皆さん優しい指導ありがとう!

ピット作業

車検の見積りやタイヤ・オイル・ブレーキパットの交換などさまざまなピット作業が発生します。

これらは自動車整備士の免許をもっているスタッフが行うので、免許をもたないわたしのようなアルバイトスタッフがピット作業を行うことはありません。

お客様から依頼されれば整備スタッフへ引き継ぎます。

したがって、重いタイヤを持ち運んだりすることもありませんし、油で汚れることもほぼありません。

むしろ整備スタッフの皆さん、手伝えることがあれば声かけて!

洗車

先にも書きましたが、ここのスタンドで洗車はセルフではありません。スタッフが洗車機に入れて拭きあげ等を行います。

この洗車作業がいちばん大変かな?

具体的には

  1. 洗車機に入れる
  2. 拭きあげる
  3. 運転席・助手席の足元を掃除機がけ
  4. ダッシュボード周りの拭き掃除
  5. お客様へ確認してもらう
  6. お会計

スペースの問題で日があたる場所でこれらの作業を行います。夏はとにかく暑い。ひたすらに暑い。

また、大量のタオルを使うので洗濯してたたんで片付けることも行います。

しかし、人の車でもキレイになっていく様は案外気分いいものですよ。

声かけ

来店したお客様へこちらから声かけを行います。声かけの中身は

  1. 洗車
  2. お得に給油できるカードのオススメ
  3. プレゼント引き換え券の配布
  4. ビラ配り
  5. 空気圧調整

などです。空気圧の調整をきっかけにビラを配ったり洗車をオススメ(紹介)したりします。

所長さんが「声掛けよろしくおねがいしますね。」と不定期にわたしたちに声かけ(笑)?してきます。体育会系の強制的な感じはいっさいありません。

また、ノルマのようなものもありません。

所長さんの人柄のためでしょう、アルバイトスタッフも自主的に声掛けしている雰囲気です。

「○件とれたぞー」と楽しくやってる感じです。

その他

見落としがちですが雨です。

屋根が小さいと濡れます。そう、わたくし濡れてます。でも大丈夫。濡れないところに控えてても怒られませんから。

注)さまざまなセルフガソリンスタンドがありますので、どこのスタンドも同じと思わずひとつの参考として読んでください。何度もすみません(笑)

次回

はっきり言ってわたしのスタンドはとても雰囲気がいい感じです。結論いってしまうとセルフガソリンスタンドはオススメ!

といいたいところですが、世の中いろんなスタンドがありあすからね。

次回は、経験したわたしが考えるバイトするならここチェック篇をお送りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました