そうだ。バイクで出かけよう!

フローリングを傷から守る!おすすめウレタンキャスター3選【椅子のタイヤ交換】

スポンサーリンク
フローリングを傷から守る!おすすめウレタンキャスター3選 未分類

お家で仕事するのはいいんだけど、キャスターでフローリングが傷だらけ。

そんなときはウレタンキャスターに替えれば傷つかないぜ。

え!?そうなの!

お家でキャスター付きの椅子を使って仕事してるけど、気づいたらフローリングが傷だらけ。

そんな時はナイロンキャスター(プラスチック製キャスター)からウレタンキャスターへ変えることで傷を押えることが出来ます。

わたしもウレタンキャスターに変えてフローリングの傷が劇的に減りました。

この記事では次のことをお伝えします。

  • ウレタンキャスターをすすめする理由
  • キャスターの交換方法
  • キャスターの選び方(軸サイズの確認)
  • おすすめのウレタンキャスター3選

この記事を読む間にもフローリングの傷が増えないように、早めの交換をおすすめします。

ウレタンキャスターをすすめる理由

椅子用キャスターは大きく分けて3種類です。

  1. ナイロンキャスター(プラスチック製キャスター)
  2. ウレタンキャスター
  3. ゴムキャスター

それぞれの特徴をまとめます。

  ナイロン ウレタン ゴム
傷付けにくさ ×
価格 そんなに変わらない
振動(音)の少なさ ×
方向転換しやすさ
耐油 ×
強度

おすすめの

場所

カーペット ×
Pタイル
フローリング ×

傷つけにくさを考えるとナイロンは×でウレタンかゴムになりますが、ゴムは床を汚すことがあるそうで、ウレタンがよさそうです。

価格は、同じような形状ならそんなにどれもかわりません。

椅子の方向転換は、ゴムだと少し引っかかるような感じがあるそうで、フローリングを傷から守るキャスターはウレタン一択です。

現にわたしはウレタンキャスターを使ってますが、動きも滑らかで傷もつかないし良い買い物でした。

キャスターの交換方法(超簡単!引っこ抜いて差し替えるだけ)

買ったはいいけど自分で上手く交換できるか心配ですよね。

キャスターの交換はとても簡単なので心配はいりません。

道具はマイナスドライバー1本あれば大丈夫。
(最悪マイナスドライバーがなくても力づくで行けます。)

キャスターの交換は引っこ抜いて差し替えるだけ!

交換作業の様子を画像で紹介します。

▲力づくで引っこ抜くことも出来ます。固い場合は画像のようにマイナスドライバーをキャスターと椅子の間に差し込んで使うと簡単に取れます。

▲取れると画像のような感じになります。あとは新しいキャスターをここに差し込むだけ。

キャスターの交換は簡単なので心配いりません。

キャスターの選び方(軸サイズの確認)

キャスターを買うにしても、自分の椅子と軸のサイズが合うか心配ですね。

そんなとき確実なのは、いま椅子についてるキャスターを外して軸のサイズを確認することです。

実際にはずしたキャスターの画像です。

キャスターの軸▲外したキャスター軸の直径は11mmで、軸の長さは22mmでした。

規格品なのでほとんど同サイズだと思いますが、確認しておくと安心です。

おすすめウレタンキャスター3選

おすすめのウレタンキャスター3選です。

ここで紹介するキャスターはどれも軸の直径11mm、軸の長さ22mmです。

【ベーシック】ナカバヤシ OAチェア用オプション ウレタンキャスター ブラック CA-CU01BK

ベーシックでどんな椅子にも違和感なく合います。

わたしも今つかっているキャスターはこのナカバヤのキャスターです。

転がりもよく、ストレスなく作業できます。

ナカバヤシのキャスターについて、下のリンクは梱包状態や接写した画像など詳しくわかります。

【おしゃれ】Enjoy Caster チェアーポリウレタン (PU)双輪キャスター(5006BUOR-23)

車輪に色がはいっていて椅子がオシャレになります。

もちろんウレタン製なのでフローリングの傷対策にもなります。

【変わり種】8T8 キャスター 差込式ポリウレタンチェアホイール

変わり種ですが、車輪の大きさを 50mm、63mm、75mmから選べます。

使ってないのではっきりとは言えませんが、75mmあれば多少の段差は越えられるのではないでしょうか?

段差があるところを移動する人におすすめ・・・かも。

まとめ

『【椅子のタイヤ交換】フローリングを傷から守る!おすすめウレタンキャスター3選』について記事にしました。

ウレタンキャスターについてまとめます。

  • キャスターは大きくナイロン、ウレタン、ゴムの3種類
  • フローリングの傷対策でいくとウレタン一択
  • キャスターの交換は引っこ抜いて差し替えるだけ
  • キャスターの軸サイズは外して事前に確認する

フローリングの傷対策にウレタンキャスターおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました