そうだ。バイクで出かけよう!

重量税が不要なバイクがある!?課税対象と税額を詳しく解説

スポンサーリンク
バイクの重量税 バイク

バイクの税金で重量税って出てくるけど、どんな内容でいくらかかるの?

バイクの税金わかりにくいですよね?

バイクにかかる税金には『重量税』と『軽自動車税』があります。

この記事を読むと『重量税』のことが分かります。

わたしは車もバイクも所有してますが、車には重量税があるけどバイク(原付)にはない経験をしてます。

じつはバイクの重量税は、排気量や登録してからの年数により税額が異なります。

この記事を読むと重量税の課税対象とその税額が分かります。

記事を読み終えるころには、バイクの重量税がどうなっているかスッキリします。

バイクの重量税とは?

バイクにかかる税金は『軽自動車税』と『自動車重量税(以下:重量税)』の2つがあります。

軽自動車税はかんたんに言うと、バイクを持っていることに対する税金です。

軽自動車税について詳しくは【バイクの軽自動車税を解説】ほぼ1年払わない方法しってますか?を参照してください。

重量税は「バイクで走ると道路が傷むよね?補修が必要だね?お金かかるよね?」という税金です。

自動車重量税法という法律により課税することがきまってます。

(課税物件)
第三条 検査自動車及び届出軽自動車には、この法律により、自動車重量税を課する。

引用:自動車重量税法

そういうわけで重量税は、道路の維持・整備に使用される道路特定財源(道路のためだけに使う国のお金)の一部“でした”。

ところが2009年に道路特定財源はすべて一般財源化(使い道が指定されてない国のお金)されて、あらゆることにこの税金が使用されてます。

バイクの重量税の課税対象と税額

バイクの重量税は排気量により課税対象と税額がかわります。

また、自家用と営業用で税額が異なりますが、ここでは自家用バイクについて記載します。

それでは一覧表でくわしく見ていきます。

※表は二輪の軽自動車(125超~250㏄)を除き1年あたりの税額です。

区分 排気量 重量税
原動機付自転車(第一種) 50㏄以下 0円(対象外)

原動機付自転車(第二種)

50~90cc 0円(対象外)
91~125㏄ 0円(対象外)
二輪の軽自動車 125超~250㏄ 4900円(新車登録時のみ)
二輪の小型自動車 250超~400㏄ 1900円(登録後12年)
2300円(登録後13~17年)
2500円(登録後18年以上)
400㏄超 1900円(登録後12年)
2300円(登録後13~17年)
2500円(登録後18年以上)

※最新の情報は国土交通省のページでご確認ください。

125㏄までの原動機付自転車は「自転車」の区分で、重量税の対象になっておらず0円です。

重量税の課税対象は125㏄超のバイクからです。

二輪の軽自動車(125超~250㏄)は、新車登時のみ1回4900円を納付します。

重量税はその1回のみで、それ以降の納付はなくなります。

二輪の小型自動車(250㏄超~)は新車登録からの経過年数が増えるにしたがい、納付する重量税も増加します。

250㏄超のバイクは車検がありますが、重量税の納付は新車登録時もしくは車検の時に行います。

新車だと初回の車検は3年後、それ以外だと2年に1回です。

したがって、納付する金額は新車だと登録時に3年分、新車以外だと車検時に2年分となります。

表にまとめておきます。

区分(排気量) タイミング 経過年数 納付金額

2輪の軽自動車

(125超~250㏄)

新車登録時 4900円

二輪の小型自動車

(250㏄超)

新車登録時(3年分) 5700円
新車以外の車検時(2年分) 登録後12年 3800円
登録後13~17年 4600円
登録後18年以上 5000円

まとめ

バイクの重量税は新車登録時か車検時に納付するので、払い忘れることもふだん意識することもほとんどありません。

しかしバイクの使用者としてしっかり認識しておきたいですね。

軽自動車税については【バイクの軽自動車税を解説】ほぼ1年払わない方法しってますか?

を参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました